インターネットファックスとはインターネット回線を通じてファックスの送受信をするシステムです。
従来の紙でのデータを専用の電話回線で送受信する機器よりもたくさんの利便性があります。
この方式の特徴は従来のものよりアクセスがしやすく、コストも低く抑えることができます。
また送受信したデータをデジタルで管理することもできます。
ネットに繋がる環境とパソコン、スマートフォンがあれば誰でも簡単にご利用いただけます。

インターネットを使ったファックスの特徴は?

インターネットを使ったファックスの特徴は? インターネットファックスの特徴をあげると、まずアクセスのしやすさがあります。
外出先で急に送受信する事態が発生した場合は、従来のものでは一度事業所に戻るか、オフィスに連絡して送受信を依頼する必要があります。
しかしこの方式はいつでもどこにいてもネット環境があれば送受信ができます。
業務の効率化ができ、時間を有効に活用することができます。
またコストの削減にもなります。
従来のもののように専用の機器と回線が必要ないので、通信費の削減になります。
使用する紙代、印刷に用いるインク代の節約にもなります。
これはパソコンなどの端末に届いたファックスで、プリントが必要なものだけを印刷することができるからです。
この他にもオフィスが引っ越した場合にも回線番号の変更もなく、送受信したデータの管理もデジタルで楽に行えます。
インターネットファックスの導入でオフィス環境の向上と経費の削減が行えます。

忙しい人にオススメ!インターネットファックスの活用術

忙しい人にオススメ!インターネットファックスの活用術 近年、電話回線を利用せずにインターネット回線を通じてファックスを送受信できるサービスが普及してきているのはご存知でしょうか。
従来のものでは、オフィスに常設している機器から、受信すると紙媒体で出力されるだけのものでした。
そのためその送受信に関して、オフィスでしか行えないというデメリットがありました。
しかし、インターネットでその送受信が可能ということはパソコンやスマホなどで閲覧が可能となります。
スマホで閲覧できるメリットとして、外出先でもその送受信が可能で、忙しいビジネスマンにとっては非常に心強い味方となります。
そのインターネット回線を利用したファックスの送受信に関しては、そのようなサービスを行なっている会社との契約が必要です。
その契約に関しては、基本使用料の支払いが必要となります。
また、その送受信に関しても、一件あたりの使用料がかかります。
それらの支払いが必要ですが、他には特に難しい契約は必要ありません。
その送受信が可能な端末ですが、会社によって登録の可能数がありますが、5件程度は登録が可能なためある程度の人数で共有することができます。
以上のように、インターネットでファックスを送受信できると、忙しい人には非常にメリットがあるでしょう。

新着情報

◎2018/3/1

インターネットファックスにかかる費用
の情報を更新しました。

◎2017/10/12

申し込みの流れ
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

お試し期間
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

サイト公開しました

「ネット FAX」
に関連するツイート
Twitter

RT @yamaha_sn: ネットワーク機器(ルーター、通信機器)も、LSI中心だった頃は、音に(データを)載せてましたよ。 ぴ〜ひょろひょろ、が〜が〜が〜って、 FAXの通信音とかね。 RT @alongmyline: モノマガジンのヤマハ特集 「音に乗れないようじゃヤマハ…

RT @yamaha_sn: ネットワーク機器(ルーター、通信機器)も、LSI中心だった頃は、音に(データを)載せてましたよ。 ぴ〜ひょろひょろ、が〜が〜が〜って、 FAXの通信音とかね。 RT @alongmyline: モノマガジンのヤマハ特集 「音に乗れないようじゃヤマハ…

@hgvcid しおさん。 勉強頑張りんしゃいね。 でも、私が受験生の頃に今みたいなネットとかスマホとかTwitterとかあったら、もっと勉強しなかったやろうねー。あはは。 FAXで毎晩絵を交換しよったね。 私は受験は大失敗したけん、頑張ってね!

返信先:@kuma_go_bancha 私は姉からの電話で知ったんですけど、FAXネット共にパンクしててなかなか繋がらなかったらしいです、、 お揃い💓

...美彌子(ひだんれん)共同アピール    2.支援者発言     ・瀬戸大作(避難の協同センター)避難者の実態報告     ・鎌田慧(さようなら原発1000万人アクション)連帯発言     ・宇都宮健児(反貧困ネットワーク)連帯発言    3.今後に向けて     ・大河原さき(ひだんれん事務局)今後の取り組みと賛同人参加のお願い    連絡先:原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)     メール:hidanren@gmail.com...

返信先:@0407pokeko 医者にもこんなのが居るのですね。しかもネット情報共有と言いながらメールでなく「FAX」と。 情報収集共有が目的化し、情報処理はできない典型、な感。利用者側からすると、こんな程度な連中に情報集約されると、情報漏洩が心配なだけです。

Twitterカン(そんな一般変な人)@kan_k_k

返信 リツイート 昨日 18:07

新規依頼のあった主治医からネット上情報共有に参加するよう言われ<参加できないなら今度から依頼は出来ないよね〜参加するまで毎回バイタルのFAXしてよ!>と言われた。毎回バイタルの報告必要?何を共有する必要があるのか吟味して利用しないと負担でしかない!

仕事がこない後ろの席に移動して、スマホやらパソコンのネットで遊び、こっちが受付やら電話やらFax処理で机の上が修羅場なのに、遊ぶのに必死で全く気付かんか、知らん振りするし。イライラする~

引越しをして1番にしたことはファンクラブへの住所変更届けでした。←ドヤ顔😁 私はネットで出来なかったので(ロングパスワードにしてなかったから?)FAXでしたけど、ファミクラさんの対応早かった。

Twitterみっちゃん🐾ฅ🐱@mitsu38917

返信 リツイート 昨日 14:29

【業務Bot】御社の通信システム見直しませんか?電話用回線とFAX回線はもちろん、ネット回線やVPNや各種システム回線…毎月の基本料だけで大きな経費が。。。ならば光回線1本に統合フルIPシステムで音声とデータの融合です。電話屋さんとシステム屋さんの統合も必要かもしれません。